ご自身の人生を振り返る終活

0120-15-1188

ご自身の終活

終活でご子息に思いを伝える

ご自身の終活活動の場合、
重要なことは、あなた自身の人生を振り返り、そして、あなた自身の思いをお子さんや残された家族に伝えることです。
そうすることで、死への漠然とした不安が解消し、安心して余生をより良く、そして楽しく暮らすことができます。
また、残された 家族に負担や迷惑をかけることもございません。

終活でご子息に思いを伝える

争族トラブル

終活でご子息に思いを伝える

終活などを通して財産や相続について整理できていない場合に、遺産相続などを巡って親族同士が争うことを"争族"と言います。
近年この争族(相続)トラブルが増加しています。終活していない場合に最も多いトラブルです。 ひとたび争族が発生すれば家族の絆に亀裂が入り、嫌な思いをすることになります。
自分たちには相続問題は発生しないと考えるべきではなく、 将来発生しうる危険と捉え、万全の対策をしておくことをお勧めします。

相続トラブル表

私には関係ないと言う前に

「ウチは相続財産が少ないから、モメようがない」、
また「ウチは家族仲が良いから、争族なんて発生しない」などとお考えの方はいらっしゃいませんか?
これまでの豊富な終活サポートの経験から上記の様な場合、特に泥沼化した争族トラブルとなるケースがございます。 このようなトラブルをさける方法として、事前の終活などを考えておく必要があります。

相続トラブル表

終活することでこんなメリットが

相続トラブルの抑制/相続税の節税/親族への負担解消/資産を調査・整理することで余生に必要な資金の計算ができるなど

終活を始める時期

定年をむかえ、第二の人生がはじまる65歳頃が終活の適齢期だと言われています。
「まだ早いだろう」と思っていた方も、65歳になったら終活に目を向けてみてはいかがでしょうか?
平均寿命と照らし合わせると、男性も女性も平均して15年以上は、残りの人生を歩むことになります。

終活適齢期65歳

具体的に何をすればいいの?

メッセージノートを書いて、遺言をつくって、お葬式を手配して...
各種の細かな手配や知識、また遺産整理は専門的な知識が必要で、とても大変です。
終活を行うと様々なメリットがございますが、途中で挫折したり、 あきらめてしまう方が多いのが現状です。

遺産整理

生前整理

お問い合わせ

Back to Top